アカウント名: パスワード:
ホーム プロフィール 新着情報! レポート けいじばん 窓から見た風景 リンク
 
 
メインメニュー
検索
'06/05/13〜14 初めてのSPW!(戸隠キャンプ場)
わーい初めてのメーカー主催のキャンプですよ〜〜

SnowPeakはテントやタープ、テーブルとか食器なども含めてキャンプグッズを提供しているメーカーで、我が家も昨年からキャンプを始めて、より良いものをと探しているうちに自然とSnowPeakにたどり着いたという感じです。そのSnowPeakがユーザーと交流することを目的としたイベントを企画/実施しているというのは知っていたんですが、昨年はタイミングが合わず、今年は何とか参加したいと思っていたんですよね〜〜

このイベント、正式名称を「SnowPeakWay(SPW)」といいます。今年は3月末から始まって、全部で8ヵ所のキャンプ場を廻るんですけど、最初に申し込んだ朝霧会場はキャンセル待ちで150番台!さすがにこれでは無理ということで泣く泣く諦め、5月に行われる戸隠会場に申し込んだところ、何とか当選となりました。

しか〜し!
日頃クジ運の悪いオイラがナゼ当選したか?

それはどうやらこの時期の信州という地域に要因があるようです。
というのは、生まれも育ちも九州な我が家では、この時期の信州の気候がどのような状況なのか、全く気が付かなかったんですよね。当選が決まってから気が付いた「戸隠キャンプ場」の遠隔カメラには残雪(それもハンパじゃないくらいの量)が移ってますし、天気予報を見ても最低気温は5度cにも達しない毎日です。会場がそんな天候ですので、おそらく参加申し込みが少なかったんでは...

とはいえ念願のSPWに参加できると決まって、そのことをwakoさんに話したところ、当然のように猛反対ですよ。そりゃそうでしょう、我が家の装備は南国仕様で防寒対策は全くなしですから。

結局のところ、テントではなくコテージに泊るということと、出発までにいくつかの防寒対策を講じるという約束で何とか了解をもらいましたけど、果たしてどうなることやら...
写真1
出発前の情報です。せめて天気は晴れて欲しいと祈ったんですが、長野県地方は見事なくらいの雨模様です。

写真2
しかも気温は5度c前後で、千葉に比べると10度cくらい低いようです。

wakoさんにばれないように他のチャンネルにスバヤク変えましたけど気づかれたかも。
今回の荷物です。今回はコテージ泊なのでテントは乗せてないのにナゼか山盛りですよ。

防寒対策その「1」の耐寒寝具を乗せています。いつも使っている掛け布団&毛布のように見えますが、きっと気のせいです。
実は九州地方の高校って修学旅行で信州に行くトコが多いのですよ。色々と誘惑の多い東京に比べたらスキー場に隔離の出来る信州のほうが安心なんでしょうね。おいらとwakoさんも同様で信州に来るのは久しぶりなんで、途中に善光寺に寄り道です。

でも以前に来たのって20年以上前のことですからね〜正直言って覚えてませんよ。
写真1
あれ〜〜せっかく来たのに工事中なのぉ!

写真2
残念だなぁと思っていたら、本堂は工事現場を抜けた先のほうだったんですね。ホッと安心です。
写真1
本堂に参った後は、門前通りにあるお店を見て廻ります。これは信州名物の「おやき」ですけど、大宰府天満宮の「梅ケ枝餅」と何が違うのでしょう...

写真2
ほえ〜〜中身がアンコじゃないんですね。これは野沢菜でしたが、スタンダードは一体なんなんでしょうね?
それではSPWの会場である戸隠に向かいましょう。戸隠へはいくつかのルートがあるようですが、今回は「戸隠バードライン」を使います。
写真1
善光寺を出発すると、すぐにこんな細い道になります。
この道で大丈夫?>ウチのカーナビ君

写真2
そのうちこのようなところに来ます。これはおそらく雪囲いなんでしょうね。
戸隠に到着する直前に現れた農作物の直売所です。この時期ならではの山菜が安く売ってました。
戸隠キャンプ場に到着し、受付を済ませた後にタープを張る場所を探します。幸いなことに、知り合いの皆さんと一緒に張らせていただくことができました。

正面のリビシェル2連結の左側が「じゅん」さん、右側が「*ken」さんで、またもう一つ右側のリビシェルが「のりのり」さんのサイトです。

もぅ〜〜そんなに廻りを囲まれちゃうと、リビシェル欲しくなっちゃうじゃないすか!!
我が家のタープはいつものヘキサLです。この天候にもかかわらず素通しのヘキサですから、とっても寒いんですよ!

やっぱ冬はリビシェルだよな〜〜 (ぼそっ)
こちらがコテージです。築年数は不明ですが、結構経過しているようでした。

コテージの中には、左右に木製の2段ベッドが備え付けられてます。
さて今回のニューカマー紹介です。

まずその1。
SnowPeakアイアングリルテーブル(IGT)一式とツーバーナー液出しです。いつもはカセットコンロなんですけど、やっぱコレだけ気温が低いと使えないこともありますし、コンロが使えないと最悪何も食べられなくなるかもって考えたら怖くなったので、購入しました。
じゃあIGTはどうなんだって?
これは「男のロマン」ですよ!(きっぱり!)
続いてニューカマーその2。
防寒対策その「2」でもある、イワタニのカセットガスジュニアヒーターです。
寒いときにキャンプをする場合はAC電源付きのサイトでホットカーペットを使うんですけど、実はココのコテージには電源がないんですよね。となるとどうするか。このような電気を使わない暖房器具を使うしかないっすよ。室内で使用すると酸欠が気になりますが、今回のコテージは換気の具合が非常にヨロシイ(というかスキマが多すぎ!)ので大丈夫です。
事前に送られていたスケジュールによると、土曜の昼から夕方にかけて幾つかのイベントが計画されていたようですけど、あいにくの雨により殆どが中止となってしまいました。なのでこのタイミングでお風呂に向かいます。

こちらは戸隠キャンプ場から10分ほど行ったところにある「戸隠神告げ温泉」です。こじんまりとした施設ですが、お土産コーナーや食事処もあります。
お風呂で充分温まったところで、夕食を取ります。周囲はすっかり暗くなりましたので、焚火を真ん中にして明かり代わりとしてます。

実はこの焚火台でマキを燃やすのって初めてなんすよ。いつもは炭を熾して焼き物に使ってました。

やっぱ寒い時には焚火ですよね。
しばらくすると、夜のイベントが始まります。
広場に用意された幾つかの焚火台を囲んで参加者が集まったあとにお楽しみ抽選会があったり、「焚火トーク」と題して、SnowPeakの方が参加者の輪の中に入って商品の開発に関する話などをしてくれます。日頃疑問に思っていることを質問している人もいましたね。

ちょっと期待していた抽選会の結果は...かすりもしませんでしたので、そそくさとコテージに引き上げましたよ。しくしく。
一夜明けた日曜です。天候は、昨日の雨模様から回復して、晴れ間が出てきました。

こちらはキャンプ場の真ん中を流れる小川に咲いた水芭蕉の花です。今年は異常気象の影響らしく開花が遅れているそうで、例年だったら既に終わっているはずの水芭蕉も、まだまだ一杯咲いていましたよん。

そういや水芭蕉が咲いているのを見るのは初めてかも。
このサイトはとってもシンプルにまとめているなぁ〜と思って写真を撮ったんですが、後々聞いてみるとSnowPeakの社長である*tohruさんのサイトでした。ベースカラーをグレーに統一するなんて、素晴らしいっすよ!
(グレーがお気に入りなら、ぜひ復活してくださ〜〜い!)
写真1
んで、*tohruさんにサインを頂きました。だってMyFirstSPWですから。
サインを貰ったのはITGにセットして使うマルチファンクションテーブルです。しかも裏側!だって表だとそのうちかすれて見えなくなっちゃうでしょ。
写真2
この後*kenさんが同様にサインを貰っていましたが、勢いに押されて書き間違えちゃってました。でもそれはそれで記念になりますよ。
さてこちらは折り紙紙飛行機コンテストです。一人一枚の折り紙を貰って作った紙飛行機で距離を競います。我が家は、一番最初の組であ〜ちゃんが一番になったのが最高ランクでした。
続いてミニじゃんけん大会と記念写真の撮影となります。
ミニじゃんけん大会はwakoさんがあともう少しというところまで行ったんですが、賞品ゲットまでは至りません。おしいな〜〜。

以上で楽しかったSPWは終了です。この頃には天気も本当に良くなり、青い空と白い雲と山に残っている残雪のコントラストが本当にキレイでした。
帰りに戸隠そばを食べて帰ろうということになり、まずは「うずら屋」に寄ります。ここは戸隠神社の下辺りにあり、非常に人気の高いお店です。着いたのは11時半くらいでしたが、既に1時間待ちの状態ですよ。廻りにも何軒かの蕎麦屋さんはあるんですけど、次回は何時になるかも判りませんし、やっぱり一度は人気店を押さえておこうということで。
お店の前でじっと待っていても退屈なんで、戸隠神社にお散歩です。写真には写ってませんが、廻りには雪が一杯残ってました。

ところで天岩戸で有名な宮崎県の高千穂峡と戸隠は関係があるって知ってました?
詳しくはコチラでお勉強を。
写真1
これがうずら屋の蕎麦です。戸隠蕎麦は概ねこの「ボッチ盛り」で出てきます。廻りに並んでいるのはお勧めの「山菜の天麩羅」ですが、蕎麦とともにとっても美味しかったですよ〜〜。

写真2
これは蕎麦湯を入れた器に書いてあった「うずら屋」のマークです。いつ頃から使ってるんでしょうね。
次に寄ったのが「そば博物館そば打ち道場」です。

その名のとおり、戸隠蕎麦の歴史とそば打ちの体験ができる施設となっています。我が家はかつて阿蘇でそば打ちの体験をしていますが、時間があればまた体験してみたいですね。
そば打ち体験をしなくてもココの蕎麦は食べられます。これがそうですが、やはり「ボッチ盛り」ですね。
「次に来れるのは何時になるか判らない」というのは怖いもので、普通は蕎麦屋のハシゴなんてしないのに、おいらのお腹はもう一杯だし、お子ちゃま達も限界なんですけど、やっぱり次に来れるのが判らないという気持ちが強く、最後にもう1軒だけ行くことにしました。
写真1
それがこの「たんぼ」です。
写真2
お店の前にはこんな案山子の看板がありますので、すぐに判ります。
お店には申し訳なかったんですが、家族4人ですけど、冷たい蕎麦と暖かい蕎麦をそれぞれ1人前しか頼めませんでした。だって限界ですもん。
写真1
コチラが冷たい戸隠蕎麦。

写真2
コチラが暖かい山菜蕎麦。この山菜は近辺で獲れたものだそうです。シャキシャキして美味しかったですよ。
帰りは行きと同じく高速を使って約3時間で浦安まで帰ってきました。さすがに高速は早い〜

昼間はあれだけ蕎麦を食べたんですが、夕方になるとちと小腹が空いてきました。そこで...写真1
最近我が家でお気に入りの「新浦安食堂」に寄ることに。
写真2
これで約1,200円。外食でコレだけ安いと常連になりますね!
行く前は心配していた防寒対策ですが、全く問題なしとは言えないものの、寒くて眠れないということはありませんでした。
(家庭用の羽毛布団はさすがに暖かいですね)

今回は初めてのSnowPeakWayでしたが、このイベントのユーザーとの交流と意見交換という目的は充分達してますね。ユーザー同士の交流というのも楽しめましたし、なによりスタッフの方々の、参加者に楽しんで頂きたいという気持ちが強く感じられました。今年はこれから各地で開催されるようですし、引き続き来年も行われるでしょうから、また次回もぜひ参加したいですね。

また抽選に当たりますように...

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業